トップページ> Silo操作 > 基本操作

オブジェクトの移動・拡大・回転 ユニバーサルマニピュレータ

 メニューなどで切り替えをしなくても、「ハンドル」をドラッグするだけで移動・拡大・回転ができる「ユニバーサルマニピュレータ」

 モデリング時は常にオンにしておいていいくらいだ。

やり方:

 キーボードの「Q」を押す。

 マニピュレータ(ハンドル)の形が変わり、メニュー切り替えなしで以下の操作が可能になる。

矢印ドラッグ…移動
長方形(板?)ドラッグ…回転
立方体ドラッグ…拡大縮小

関連:

次のSilo 2.0メニュー一覧 (public beta 9b)へ
トップページ> Silo操作 > 基本操作 もくじ