トップページ> Silo操作 > 小技

「後ろ側」の面も範囲選択する方法

 ビューポート(作業領域)に表示されていない「後ろ側」の面を選択する方法を覚書しておきたい。

 どういうことか、画像で示すとこうだ。

 まあ、いちいち画像で示さなくてもよかったような気もする。

オブジェクトの上で右クリックし、Selection Mode→Faceを選択


▲実は立方体の上じゃなくても大丈夫

 これで「面」を選択できるようになる。 チュートリアルでは向かって左半分をドラッグで範囲選択して、選択状態にするということらしい。

画面上部のメニューから、Selection→Selection Style→Areaを選択

 これで、マウス左ドラッグもしくはマウスの中ボタン(マウスホイールを押すことだ)ドラッグで、長方形状に範囲選択できる。「Paint」はドラッグしてなぞった部分を複数選択する方式、「Lasso」はフリーハンドで囲んだ部分が複数選択される投げ縄方式だ。

視点を正面付近に変更

マウス中ボタンドラッグで、下の画像の長方形の範囲を選択

 
▲ドラッグで囲む範囲は、少しでも長方形の中に入っていたら選択範囲になる

 視点変更の操作はデフォルトだと以下の通り。

  • ALT+マウス左ドラッグ 視点の回転
  • ALT+マウス中ドラッグ 視点の平行移動
  • ALT+マウス右ドラッグ 視点の拡大縮小

 また、マウス左ドラッグと中ドラッグでは、動きが異なる。マウス中ドラッグで範囲選択すると、裏側の見えていない面も選択できるのだ。左ドラッグだと見えている面だけ選択できる。


▲少し視点を傾けてみると、ちゃんと後ろ側も選択されている

 マウスの中ボタン(Middle Button)の設定をデフォルトから変更しているとうまく動かない。注意しよう。画面上部のメニューから、Editors/Options→Mouse Settingsを選び、MMB(Middle Mouse Buttonの略だと思う)の設定が「Select Thru New」になっていることを確認しておこう。

関連:

トップページ> Silo操作 > 小技 もくじ