トップページ> Silo操作 > 基本操作

オブジェクト、点、辺、面の位置や回転角度を数値指定する

 移動や回転を数値指定したい場合の覚書。

Silo画面上部のメニューから、Editors/Options→Numerical Editorを選択

 Numerical Editorが表示されるので、各数値を変更する

 各パラメータを変更すると、選択中のオブジェクト、点、辺、面を数値で操作できる。

 なお、数値欄は直接入力のほか、マウスでドラッグするとスライダーを操作するように数値を増減させることも可能。

 そして、「Size」を0にすると特定方向の軸に対して「整列」させることが可能だ。


▲点モードで、複数の点に対してSize Xを0に指定した例

 点モードでDistanceを0にすると、複数の点をひとつに集約できる。(ただし、融合はしない。融合させる方法は現在調査中である)

関連:

次の複数の点を一つに融合(マージ)するへ
トップページ> Silo操作 > 基本操作 もくじ